トリガーポイント

PIR(ポスト・アイソメトリック・リラクセーション)について

Pocket

PIR(ポスト・アイソメトリック・リラクセーション)とは

痛む所やこっている所がある場合、ストレッチをして弛めるという事があると思います。
ところが筋がトラブルを起こしていると、単に伸ばすという事だけではリセットできず、かえってトラブルが増すこともあります。

トラブルを起こしている筋は、力を入れていなくても短くさせられるだけで痙攣を起こして痛みを発するようになります。
これを「短縮痛」と言います。

例えば身体の右側の筋肉を伸ばそうとして左に倒すと、左側の筋は短くなるので、トラブルを起こしている筋があると、この動きでトラブルが増したり、痛みが生じたりします。

pir02

また、筋肉は伸ばし過ぎると脳が断裂の危険を感じて伸長反射を起こし、伸ばされた筋肉に「縮め」信号を出します。
つまり固い所を伸ばそうと思ってストレッチをしても、逆に筋の緊張が増すこともあるという事です。

この「短縮痛」や「伸張反射」を防ぎながら、トラブルを起こしている筋をリセットするのに効果的なのがPIR(ポスト・アイソメトリック・リラクセーション)です。

「アイソメトリック」というのは「等尺性収縮」の意味で、具体的には筋肉の長さを変えずに力を入れるという事です。
例えば胸の前で手の平を合わせて押し合うと、両腕や肩の筋肉は収縮しますが、筋肉の長さには変化がありません。

pir01

この等尺性収縮(アイソメトリック)を行うと、その直後に使用した筋にリラクセーションが生じることから、PIR(ポスト・アイソメトリック・ リラクセーション)と言います。

当院では施術ではもちろん、メディカル・ヨガでもこのPIRを使って「短縮痛」や「伸張反射」の影響を受けずに、筋のトラブルをリセットしていきます。

 

 

 

Pocket

メディカル・ヨガについて

Pocket

メディカル・ヨガとは

メディカル・ヨガとはトリガーポイントによる痛みや不定愁訴などの症状を楽にするために開発された、自宅でも無理なくできるセルフエクササイズです。別名トリガーポイントエクササイズともいいます。

一般的なエクササイズでは痛みのある所やこっている所をストレッチして弛めることが多いですが、トラブルを起こしている筋に対してストレッチを行うとかえって傷めてしまうことがあります。

メディカル・ヨガでは、PIR(ポスト・アイソメトリック・リラクセーション)を使って負担をかけずに筋肉をリセットします。
また、テニスボールや麺棒をつかってトリガーポイントに直接アプローチしたり、指ではマッサージしづらい場所なども効果的に弛めます。

メディカル・ヨガの特徴

  • PIRで負担をかけずに筋肉をリセット
  • 筋膜の連鎖という視点から身体のバランスを整える
  • リンパの循環を促進する
  • 内臓機能を活性化させる
  • 痛みの改善に必要な「関連痛」という視点をもったエクササイズの構成

yoga

Pocket

歩けない!座れない!仕事も早退せざるを得ない痛み

Pocket

とにかく歩けるようになって嬉しい!と大喜びのAさん。

仕事をしていると左の坐骨から太ももの辺りが痛み出し、何かにつかまらないと歩けない程の激痛に。
立っていられないので座ろうとしても椅子にお尻がつくとまた激痛が。
歩くことも座ることもできずに仕事にならない為、痛みがでるたびに早退していたそうです。
病院にも行ったそうですが、痛み止めの薬とシップのみでほとんど改善なし。
困っていた所、当院の看板に書いてあった「坐骨神経痛」の文字を見つけて、藁をも掴む思いでご来院されたそうです。
(さらに…)

Pocket

セルフケアの“やり方”の重要性

Pocket

例えばセルフケアでよくあげられるのがストレッチ。

何となく痛みがあるところや固いところをグイグイ伸ばすと楽になるのではないかと思ってしまいますが、問題はどこをどのように伸ばすかです。

光あるところに影があるように、伸びているところがあればもちろん縮んでいるところがあります。
ストレッチというとどうしても伸びている方の筋肉に注目しがちですが、逆にこの縮んでいるところが出す短縮痛・収縮痛が痛みの原因になることが多いのです。
(さらに…)

Pocket

関連痛って何?

Pocket

トリガーポイントの特徴として「関連痛」を引き起こすという現象があります。

関連痛」とは、トリガーポイントが離れた所へ痛みを飛ばして感じている痛みです。

その為、実際痛みを感じているところを押しても痛くないことが多いです。
なんか腰のこの辺りが痛いけどハッキリしないという場合などは関連痛の可能性が高いです。

この痛みは神経の走行とは関係ない所に飛ばされる為、「神経痛」ではなく「関連痛」と呼ばれます。
(さらに…)

Pocket

トリガーポイントって何?

Pocket

身体のあちこちを触ってみると硬いしこりや、押すと響くような痛みを出すところがありませんか?

ざっくりいうとそこがトリガーポイントです。

トリガーポイントは筋や筋膜にできるので、いわば体全身に関係しています。
「トリガー」というのは「引き金」という意味で、ピストルの引き金を引くと弾が遠くまで飛ぶように、トリガーポイントができると、痛みをそこから離れた部位に飛ばすことから名付けられています。

(さらに…)

Pocket

痛みの改善には筋筋膜性疼痛症候群(MPS)の視点が大事

Pocket

「筋筋膜性疼痛症候群(MPS)」

何やら呪文めいた文字の羅列のように見えますが、これは1983年にTravell博士(故ケネディー大統領の主治医)とSimons博士という方が「筋膜痛と機能障害-トリガーポイントマニュアル」という書籍で発表された考え方です。
(さらに…)

Pocket