セルフケア

メディカル・ヨガについて

Pocket

メディカル・ヨガとは

メディカル・ヨガとはトリガーポイントによる痛みや不定愁訴などの症状を楽にするために開発された、自宅でも無理なくできるセルフエクササイズです。別名トリガーポイントエクササイズともいいます。

一般的なエクササイズでは痛みのある所やこっている所をストレッチして弛めることが多いですが、トラブルを起こしている筋に対してストレッチを行うとかえって傷めてしまうことがあります。

メディカル・ヨガでは、PIR(ポスト・アイソメトリック・リラクセーション)を使って負担をかけずに筋肉をリセットします。
また、テニスボールや麺棒をつかってトリガーポイントに直接アプローチしたり、指ではマッサージしづらい場所なども効果的に弛めます。

メディカル・ヨガの特徴

  • PIRで負担をかけずに筋肉をリセット
  • 筋膜の連鎖という視点から身体のバランスを整える
  • リンパの循環を促進する
  • 内臓機能を活性化させる
  • 痛みの改善に必要な「関連痛」という視点をもったエクササイズの構成

yoga

Pocket

セルフケアの“やり方”の重要性

Pocket

例えばセルフケアでよくあげられるのがストレッチ。

何となく痛みがあるところや固いところをグイグイ伸ばすと楽になるのではないかと思ってしまいますが、問題はどこをどのように伸ばすかです。

光あるところに影があるように、伸びているところがあればもちろん縮んでいるところがあります。
ストレッチというとどうしても伸びている方の筋肉に注目しがちですが、逆にこの縮んでいるところが出す短縮痛・収縮痛が痛みの原因になることが多いのです。
(さらに…)

Pocket