関連痛って何?

Pocket

トリガーポイントの特徴として「関連痛」を引き起こすという現象があります。

関連痛」とは、トリガーポイントが離れた所へ痛みを飛ばして感じている痛みです。

その為、実際痛みを感じているところを押しても痛くないことが多いです。
なんか腰のこの辺りが痛いけどハッキリしないという場合などは関連痛の可能性が高いです。

この痛みは神経の走行とは関係ない所に飛ばされる為、「神経痛」ではなく「関連痛」と呼ばれます。

遠くまで痛みを飛ばす例としてヒラメ筋のトリガーポイントがあります。
ヒラメ筋はふくらはぎ(下図の×の部分)にありますが、ここにできたトリガーポイントはなんと同じ側の頬(下図の赤い部分)に痛みを飛ばします。

hiramekin

つまり、「頬が痛む」からといって頬の治療をしても痛みは改善せず、この場合ヒラメ筋のトリガーポイントを治療しないと頬の痛みは改善しないということです。

 

 

Pocket