ギックリ腰に気を付けて

いつもありがとうございます!ねこひげ整体院の多比良です。

最近ギックリ腰の患者様が増えております。
ギックリ腰。辛いですよね。

ギックリ腰の場合、腰を反ると激痛が走ることが多いので、来院時はだいたい前かがみの状態でいらっしゃいます。これ、腰が曲がっているようでいて実はお腹側の筋肉がとても緊張して短縮しています。

その場合、施術の際にはお腹側の筋肉を中心に調整していきます。

まずはどの姿勢で寝るのが楽かを確認します。可能であれば仰向けに寝て頂くのですが、仰向けになると体が真っ直ぐ伸びる為、痛みが走るので大体横向きを希望されます。

急に腰が痛くなったとお困りのBさん(60代女性)もその一人でした。

横向きで寝て頂くと、自然とひざを曲げて丸まったような姿勢をとられました。

ここから丁寧にお腹側の筋肉を緩めていきます。お腹と腰の筋肉のバランスをとりつつ一通り緩めて、逆側を下にして寝てみてくださいというと、ひざが伸びて体も大分真っ直ぐになっています。

逆側も同じように緩めた後、さりげなく「仰向けになってください」というとスッと仰向けに。

そこで「仰向けに寝てても大丈夫ですか?」と聞くと「あっ!大丈夫です!」と仰向けに寝ることができていることを実感して頂けました。ここまでくれば、大体お帰りの際には割と真っ直ぐな姿勢で帰って頂くことができます。

ギックリ腰の方にギックリ腰になったきっかけを伺うと大体2~3日前に腰にいやな感じがしたという方が多いです。いやな予感がしたら無理せず早目の対処をおススメします!

もしギックリ腰になってしまった場合でも、痛みが強い場合はどうしても何日かは痛みは残りますが、対処をしておくのとしないのとでは治りの早さが違いますので、是非当院にご相談ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする